運転免許を自由なスタイルで取ろう!

>

あなたのスタイルで取れる運転免許

大中小あります第一種運転免許

第一種運転免許には10種類の免許があります。
大型特殊車両を取るとクレーン車やロードローラーなどを公道で運転できるようになります。
公道を走る際の運転免許なので特殊機械で作業する場合は別の免許と技能講習が必須になります。
大型特殊免許があれば、小型特殊車両も運転できます。
大型免許で中型、小型など複数の運転ができる免許のことを上位免許と呼び、運転できる範囲が特殊車両や大型自動二輪の区分などで決まっていますので取得する際にどの免許でどこまで運転できるか調べましょう。
第一種運転免許は商売としてお客様を乗せない特殊車両と通勤や家族の送迎、荷物を運ぶような普段の生活に欠かせない運転免許ということになります。
普通免許というと第一種運転免許のことを言っているんだなと判断されることがほとんどです。

商売でお客様を乗せます第二種運転免許

タクシーやバスなどお客様を乗せて商売が目的で走るときに必要なのが、第二種運転免許です。
第二種運転免許の種類は5種類です。
こちらも大型第二種免許があれば中型と普通自動車が運転できます。
お客様を乗せて運ぶ乗り物で代表的なのが先に挙げたタクシーやバスになりますが、飲酒した際に車を代わりに運転してもらう代行もこの免許がないと運転できません。
大型免許に共通するのが、満21歳以上であること免許を取って3年以上の経歴(免停期間は含まない)がないと取れない免許だということです。
日常の生活の中で、または仕事で特殊車両や人の命、荷物を運ぶ大事な免許です。
大型免許の教習は実際にトラックやバス車両で実習してさらに経験を積みます。
運転には技術も必要ですが、運転のセンスも大事だといいます。
運送など車の運転手を仕事にしたい人は挑戦してみてください。


Share