運転免許の種類と取得までにかかる時間

運転免許を自由なスタイルで取ろう!

あなたのスタイルで取れる運転免許

自動車運転免許には第一種運転免許、第二種運転免許、教習所に通っている間に取る仮免許の三種類があります。 第一種と第二種にはさらに10種類、5種類にわかれた免許が存在します。 道路を走っている自動車、二輪車、特殊車両などの運転免許の区分になっています。

自由に組めるマイペースで取る運転免許

教習所では予約が基本です。 法令で決まった時間の学科と技能教習があるので、通学スタイルでは期間は長くなりますが自由にスケジュールを組むことができます。 自分のタイプがわかったら、短期集中で一気に教習するかこつこつと通いながら免許を取るか計画を立ててみましょう。

設備が充実プランも多様化している教習所

自動車、教習所で検索してみると観光地に教習所があり旅行気分で免許が取れるという内容がありました。 自動車免許以外で20日近く同じ場所に通って取る資格もあまりないのではと思います。 自分のペースに合う教習所を選ぶ時代、女性に嬉しいプランも充実しています。 その一部をご紹介します。

こんなにあった!知ってる?運転免許の種類

運転免許は18歳から取得可能です。
思い出してみると高校三年生で進路が決まった人から自動車学校に通っていました。
バイクの免許は16歳からなので通学に原付を利用する人もいました。
春先の卒業シーズンになるとどこの自動車学校も混雑します。
混雑を避けるために教習が予約制になっていますが、春先は仕事で必要な免許を取る人もたくさんいるので受講者が集中し日を改めて免許を取りに行く人が多いのではないかと思います。
運転免許を持っている人に話を聞くと、いろんな教習スタイルがあることがわかりました。
仕事の都合で忙しい人も自分のペースに合わせた運転免許の取得方法があり、かかる時間と費用も様々です。
免許の種類も大型、小型の特殊免許から18歳になるとみんな揃って取りに行くのが、普通自動車と軽自動車の運転ができる「普通自動車免許」と呼ばれる免許証があります。
普通自動車免許は原動機付自転車(原付)の免許も兼ねているので18歳で取る人が多いようです。
前は普通自動車免許と言えばマニュアル車が当たり前でしたが、現在はほとんどがオートマチック車という流れを受けAT(オートマチック)車限定の免許証が登場しました。
通学と合宿スタイルの教習所では、一通り教習と仮免許を取得し順調に卒業検定に合格したら、近隣の運転免許試験場で適性検査と学科試験を受けます。
その日のうちに合格発表と免許証の交付があるのですが、免許証を手にするまでにかかる費用は補習時間や試験を受けた回数でずいぶんと差額が出るようです。
運転免許証の種類と取得までの時間やプランを調べてみました。